佐保地域自治協議会

住民参加でまちづくり

動き出す「地域自治協議会」

少子高齢化、ライフスタイルの変化に伴い、これまで行政が担ってきた画一的な公共サービスでは多様化・複雑化するニーズに対応することが難しくなってきました。そこで、地域の課題を解決するための新たな取り組みとして、「地域自治協議会」の設立が全国の自治体で進められています。
奈良市でも時代にあった地域自治の姿をめざして、2018年4月から「地域自治協議会」の設置と認定に関する要綱が施行され、佐保地区もこの度「佐保地域自治協議会」が発足致しました。

地域自治協議会とは

「地域で地域を運営する」
メリットは何か

例えば、地域の防災対策に取り組む時、障がい者支援や高齢者支援など、合わせて考えるべきテーマがたくさんありますが、さまざまな分野で活動している団体が連携・協力することで、より効果的に課題を解決することができます。
今後、少子高齢化によって活動の担い手が少なくなっていくことを考えれば、地域の団体がまとまって課題解決に取り組む体制・仕組みづくりが必要です。
いま、「地域で地域を運営する」という発想のもと、奈良市としても、こうした取り組みを行う地域を様々なかたちで支援し、地域の課題を解決するために、積極的に協力していくとしています。

年間活動予定

9月

・諸団体・住民研修会
・役員人事確認
・代議員・理事選任

12月

・第2回役員会
・第1回理事会
・事務局長選任
・各部会長・委員選任

1月

・諸団体・住民研修会
・役員人事確認
・代議員・理事選任

2月

・諸団体・住民研修会
・役員人事確認
・代議員・理事選任

3月

・諸団体・住民研修会
・役員人事確認
・代議員・理事選任

お問い合わせ